Reader

好きな本を好きなだけ。

Reader

好きな本を好きなだけ。

応用情報技術者の関連本と勉強方法を学ぼう!

f:id:stayyou:20160608230442j:plain

情報処理試験のレベル3にあたる「応用情報技術者」

 

4段階ある内のレベル3のため、問題のレベルはそこそこ高いものになっている。試験は午前と午後に分かれており、午前は基本的な問題の選択問題で、午後は午前問題の応用力が試される実務的な問題で記述式となっている。

 

その応用情報技術者試験について、勉強に役立つ本や勉強方法を紹介する。

基本情報技術者と応用情報技術者のレベルの違いは?

レベル2である基本情報技術者と応用情報技術者では、資格名称にも付いているように応用的な問題が多く入ってくるため、基本情報技術者を暗記で合格したようなひとはかなり難しいものになるだろう。

 

午前問題のレベルはあまり変わらないため、勉強方法や知識レベルは基本情報技術者と同じレベルで勉強すればいい。基本情報技術者に合格後、連続で応用情報技術者にチャレンジする人であれば、おさらい程度で問題ないかもしれない。

 

一番大きく変わるのは午後問題が記述式になることだろう。全てが記述式ではなく選択問題もあるため、多少難易度は下がっているが、それでも記述式の答えを無視して合格できるほど甘くはない。

 

感覚としては仕事として普段からやっているひとはそれなりに勉強すれば大丈夫だと思われるが、学生でまだまだ暗記程度の知識になっているひとはかなり勉強しないと厳しい。

 

これから勉強のポイントを説明していくのでぜひ参考にしてほしい。

やっぱまずは過去問題を解いてみる

基本情報技術者の対策でも同じだが、まずは過去問題を解いてみることをおすすめする。合格ラインと今の立ち位置にどれだけ差があるのか、そしてどの分野が弱いのかを正確に把握しよう。

 

午前問題はそこそこ点数が取れるひとはいると思うが、午後問題はあまり点数が取れないだろう。 最初は誰もがそんなものなので、気にせず解いてみよう。

 

以下のような過去問題集は解説も充実しているため、おすすめである。

 

あえて午前問題対策はそこそこにする

基本的な問題が出る午前問題は基本情報技術者と同じ形式かつレベルもほぼ同じであるため、簡単に済ませたいところである。

 

過去問題で8割以上取れるのであれば、午前問題の対策としては大丈夫であろう。応用情報技術者が情報処理試験の初めての受験であれば、念のため複数年度の過去問題を解いておき、全て8割以上取れるようにしておこう。

 

とにかく応用情報技術者は午後問題が関門であるため、午前問題はサクッと終わらせたいところである。

 

午前問題の勉強は以下のような本で勉強をしていれば問題ないが、複数年度の過去問題があるのであればそれだけでも充分だろう。

 

午後問題はとにかく慣れよう

応用情報技術者の一番のポイントは午後問題である。内容がより実務的なものになり難易度が上がるにも関わらず、記述式のため中途半端な知識では答えることができない。

 

勉強方法としては、とにかく多く解いて記述問題の解答に慣れていきたい。過去問題や午後問題対策の本を使って問題を解き、分からない部分の復習や午後問題の考え方をしっかり理解していこう。

 

おすすめは以下のような午後問題対策の本で勉強すること。

 

過去問題では分からない午後問題の解き方が非常に詳しく解説されている。間違えたもしくは全く書けなかった部分を繰り返し解くことによって、確実に午後問題で点数が取れるようになっていく。

 


 

上記にも書いたように応用情報技術者は午後問題が難しく、実務経験がなく応用が効かない学生はなかなか大変だろう。ぜひ午後問題には時間をかけて取り組み、基本的な知識の応用力を身につけてほしいものである。

 

応用情報技術者を取っておけば、システムエンジニアやプログラマとしてはそれなりの知識がある証明になるだろう。学生で取得できれば、かなり就職で有利になることは間違いない。

 

しっかり勉強を行えば、実務経験がなくても取れるものなので、過去問題や勉強本をうまく使って合格できるように頑張ろう。