Reader

好きな本を好きなだけ。

Reader

好きな本を好きなだけ。

嫌われることを恐れる人は幸福度が低い理由

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健

 

自分の夢や目標の実現ほど人生の醍醐味を味わえる出来事はない。自分の望む道への一歩を踏み出そうという時の勇気を必要とする人は多いが、果たしてどのくらいの人が他者の中傷や誹謗を気にせずにいられるだろう。
 


夢の実現のためにどんなに努力しても、勇気が出せずに諦める人は、この本を一読してみたらどうだろうか。
 
アルフレッド・アドラーはフロイトやユングと同じくらい知名度が高く、三大哲学者の一人と言われている。彼の教えについて書かれた本は数多いが、その中でも一番わかりやすいのがこの著書だ。この本はアドラー心理学や古代哲学の執筆や講演を行っている哲学者の岸見一郎さんとフリーライターの古賀史健さんの二人による共著によるもので、アルフレッド・アドラーの教えを初心者にもわかりやすく書いている。


インパクトの強いタイトル

私が何故この著書に着目したのかというと、「嫌われる勇気」というタイトルに興味を惹かれたからだ。多くの哲学書は内側に目を向けるように書かれているが、この本の場合は少し違っている。
 
アルフレッド・アドラーの教えには人の悩みの大半は対人関係からくるものだという事を説いていたようだが、著者の二人は敢えて「嫌われる」という言葉をタイトルにしたのでとても印象的だった。そのタイトル自体がこの本の全体の印象を形作っているように思えたが、中身が気になったので読んでみる事にした。

読者の共感を生むストーリー性

この本は一人の悩める青年と一人の哲学者の対話形式だ。青年が哲学者の部屋を訪ね、自分が抱えている悩みについて相談するという話で構成されている。

哲学者が言う「嫌われる勇気」とは、青年にとって決して悪い物ではない。むしろ、その逆である。読者の中には青年に自分の事を重ね合わせる人もいるかもしれないが、青年の話は対人関係で悩む人には良くある話だ。内向的だが人の動向を気にしやすく、自分がその場でどのように行動するべきか哲学者に問うのだ。

青年は何回か哲学者の元を訪れており、最初のうちは半信半疑で会話をするが、段々とアドラーの教えについて理解するようになる。本を読み進めていくうちに、青年と一緒に心の霧が晴れていくように思えるので不思議だ。


嫌われることで幸福度が増していく

この本が「嫌われる勇気」という理由は、哲学者が青年に一番言いたい事に要約されている。

青年が自分より他人を優先するのは美徳と言っても良いが、それは自分を否定する事ではない。他人の需要に自分の供給が一致した時に幸せを感じる人もいるようだが、成果を出せない時もある。

自分を幸せな人生に導くために、やりたい事を曲げてまで人に尽くすと、歪が生ずる場合がある。哲学者が青年の悩みに答えるのは、彼が決して日和身主義にならないようにするためだが、それを「協調性がない」などと言って面白く思わない人達もいるだろう。

しかし自分の長所も短所も全て受け入れれば、例え一部の人間から反対意見を言われても努力する事が可能になり、成果を上げて幸福度が増すというものだった。

「これをやって」と言われた事をやるだけでは、それを失敗した時に指示を与えた人に対してネガティブな感情が湧くものだが、それが全く無くなる。自分で責任を負うようになるからだ。自分で選択した事で反省はしても後悔はしなくなり、他人に責任転嫁する事がない。私はこの本を読んで初めて目から鱗が落ちる思いがした。


最初はタイトルのインパクトに惹かれたが、とても面白く読む事が出来た。特にこれから人生の夢の実現に向かってスタートしたい人には合っているし、良い道標になる話が多い。青年と似たような悩みを持つ人にも、心強い味方になるのではないだろうか。