Reader

好きな本を好きなだけ。

Reader

好きな本を好きなだけ。

原子力発電の本当の恐ろしさを僕たちはまだ知らなかったのかもしれない。

危険な話

広瀬 隆

当時のソ連で1986年に起こったチェルノブイリ原子力発電所の爆発事故について「実際に何が起こったか」「何故そんなことが起こったのか」「私たちはどうすればよいのか」などが詳しく語られている。

 

残念ながら、約30年後に同様の事故が日本でも起こってしまう。日本はチェルノブイリの教訓を生かしているのか?原子力発電所は本当に必要なのか?…そんな議論を自身で考えるための土台となる一冊である。

チェルノブイリで実際に何が起こったのか

事故当時、ソ連は国民のパニック等を恐れて当初は事故を公表していない。事故1~2日後の隣国からの申し立て(自国の観測から放射線が観測されたため)によって「やむなく認めた」という形である。

 

そういった状況から察しても「多くの事実が隠されている」と考えざるを得ない。日本でも雨水の中から放射線が観測されている。


その事実からだけでも「現場では大変な事が起こっている」ということが科学的に結論できるのだと著者は語る。


端的に書くと…
「日本にまで放射能を含んだ粒子が飛んでくる」
⇒「その粒子は偏西風に乗ってきたはずである」
⇒「偏西風に乗るためには粒子が3000~5000mほど上空まで舞い上がらなければならない」
⇒「となれば原子力級の爆発によるエネルギーによる原因しか考えられない」


「放射能を含んだ粒子が日本に飛んできた」という事実だけで、ある一定以上の大爆発が起こったことが推測され、その爆発によって、どの程度の放射能が放出されるのか…そこから考えるだけでも、当時発表された放射能の放出量は「明らかに過小評価」されているのだという。

半永久的に続く放射能汚染の影響

放射能汚染は一時的なものではない。放射能が減っていく過程で「半減期」と呼ばれる用語があるが「半減期30年~50年」という放射能物質は多い。

 

中には「半減期300年」などというものもある。ここで注意してほしいのは「半減期」とは「半分になる期間」である。「消滅する」訳ではないのである。

 

それを聞いただけでも途方もない印象だが、さらに「食物連鎖」に関連する話はもっと恐ろしい。


「爆発して放出された放射能粒子は、やがて地上に降り注ぐ」
⇒「降り注いだ粒子は草木を覆い、土に交じる(草木が汚染されるということ)」
⇒「汚染された草木を動物が食べる、汚染された土の養分を吸取って草木が育つ」
⇒「動物や植物がが汚染される、それを食べるのは人間…」


直接放射能を浴びる危険に加えて、食物などから身体の内部から汚染される…という現実もあるのだ。そして、「内部汚染」はすぐに始まる訳ではない…これからである。

 

これから徐々に長く継続するのである。私たちが、私たちの子供たちや孫たちが汚染の被害に遭遇するのである。

原子力発電は本当に必要か

冒頭でも書いたが、チェルノブイリ事故の約30年後に日本でも同様の事故が起きてしまった。「汚染量はチェルノブイリを上回る」とさえ言われている。

 

この本では「日本の電力事情」を解説した上で「原子力発電が必要か否か」が議論されている。日本では「火力発電」を主力として「水力発電」「原子力発電」が準主力となっている。「風力」や「地熱」といった「クリーン発電」はまだまだ少量。

 

火力発電は常に「大気汚染」という問題がついて回る。「オゾン層破壊」や「地球温暖化」の大きな原因は「火力発電」である。

 

「水力」「風力」「地熱」といった発電方法は広い土地が必要であるため、国土の狭い日本では現実的ではないという。

 

このまま火力発電主力の生活を続ければ、放射能汚染はなくとも地球規模での大汚染は免れない。一方、原子力発電は大気汚染がない。

 

しかし、しかしである…事故が起きれば取り返しがつかない大惨事となる…この辺をどう考えるか…。

 

昨今、「原発は必要か」という議論が取り沙汰されているが「電力について私たちはどんな選択をすべきか」原発の是非を考えるための土台としてこの本をオススメする。