Reader

好きな本を好きなだけ。

Reader

好きな本を好きなだけ。

【2016年】FXで勝つために読んでおきたい書籍

貧困層と裕福層の差が広がっている現代で、本業の収入だけでは生活していけないひとがいるだろう。副業で1時間○○○円で時給で働いて、稼いでいるひとも少なくない。

しかし、稼いで貯めるだけではお金を守ることはできない。お金があるひとはお金に関する知識を持っており、必ずと言っていいほど投資を行っている。

その中でサラリーマンに人気があるのはFXだ。ほぼ24時間トレードが可能のため、本業が終わってから家でトレードをする人が増えている。

だがFXで勝てる人は1割にも満たず、非常に厳しい世界になっている。その中で勝つために知識と技術を身につけることが重要。

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門

初心者におすすめなのはこの書籍。投資雑誌を出版しているザイが出版しているこの本は、初心者向けに図を多用して分かりやすく解説をしている。 厳選した内容のため、ページ数も少なく初めての方も読みきれる内容になっているだろう。

デイトレード

名著と言われる有名な一冊。技術的なことはあまり書いていないが、トレードに対する重要な考え方が書いており初心者から上級者まで必読である。

利食いと損切りのテクニック

トレードで一番大切と言われていることの1つが「損切り」。本書ではその損切りについて非常に具体的に書いている。 損切りの重要性については多くの本で語られているが、どのようにするか具体的に書いている本は多くない。 その中でこの本は貴重なものである読んで見る価値があるだろう。


FXで勝ちたいと思っている方は必ず読んでおきたい書籍となっている。実際のトレードは教科書通りに行くことはないが、少なくても知識として身に付けておくことで、マーケットで何が起こっているのか自分はどんなメンタルでどのように行動していけば良いか分かっていくことだろう。そのため、まずは書籍を読んで知識を身につけておきたいところ。