Reader

好きな本を好きなだけ。

Reader

好きな本を好きなだけ。

人生を成功に導くために身に付けたい!正しい食事と広い視野とは?

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ノバク・ジョコビッチ, タカ大丸

球技の中で最も過酷と称されるテニス。そのハードな戦いの中で現在、絶対王者として君臨するのがノバク・ジョコビッチだ。

 

しかし、彼は信じられないことにかつては虚弱体質だった。そんな彼がどうして現在のような成功を手に入れたのか、本書は食事をメインにその秘密を紹介している。

不調を改善したグルテンフリーの食事とは?

幼少の頃から毎日ハードな練習をこなしてきたノバク・ジョコビッチ。しかし、彼は試合になり一定以上の付加がかかると酸欠や目眩といった不調に晒されていた。そんな、困り果てた彼の体調を改善したのがグルテンフリーの食事だったと説明している。


グルテンフリーの食事とは小麦を使っていない食事のことで、彼は小麦アレルギーであり、小麦を含んだ食事を行っていたのが原因だったそうだ。


このように間違った食事をすることで身体の内部で炎症を起こし不調が現れるという。上記のような観点から本書は以下の3つを呼びかけている。

  • 自分の身体が出している信号に耳を傾ける
  • 炎症を起こしている食材を見つける
  • 正しい食事を行い自分をコントロールする

オープンマインドの秘密

本書はさらに自分を成功へと導くためには広い視野(オープンマインド)を持つことが不可欠と呼びかけている。


彼はセルビア人だが、元は旧ユーゴスラビアの生まれで狭い視野の中で育ったと語っている。そんな彼にテニスが与えてくれた最も大きなものは富や名声ではなく、海外を旅する機会だったそうだ。これにより彼は様々な文化に触れ、結果的にオープンマインドを手に入れたと本書で語っている。


あなたはこれまで自分が失敗や不調に見舞われたとき、どのように解決してきただろうか。狭まった視野で物事を解決しようとしてはいないだろうか。オープンマインドを持つことで様々な手法に目を向ける事が出来る。


その中から自分に必要な良い部分を抜き出すことが成功へと導く鍵となっているようだ。

成果を出す思考のトレーニング

最後に本書は間違った食事が身体だけでなく精神にも影響を及ぼすと言っている。


確かに私達の国でも仕事で忙しくなりすぎるとついついファストフードやカップ麺、コンビニの弁当などで夕飯を済ませてしまいがちだが、そういった偏った食事は身体だけでなく精神的にも良くないようだ。


この食事が自分にとって必要なものかどうか、自分に必要な食事はどういったものなのか。自分にとって今何をすることがベストなのか常に考える思考が重要だと語っている。


また、成果を出すためにはそれだけでなくポジティブなエネルギーが必要とも記載されている。愛、幸福、喜びなどなどポジティブなエネルギーは必ず身体に影響する。それを最も持っているのは子供でノバク・ジョコビッチ自身もファンの子供との交流を経て活力をもらい次に生かしているのだそうだ。


もし、今あなたが思うように結果を出せていないのならポジティブなエネルギーが不足しているのかもしれない。自分の身近な人々、例えば家族や友人恋人など時間を過ごし、いまいちど愛や幸福、喜びなど取り入れてはいかがだろうか。

 



本書は彼の身体の不調を改善したグルテンフリーの食事を皮切りにオープンマインドの重要性や成功するために必要な思考の仕方など、実践的な内容が細かく書かれた非常にためになる書籍である。


一見すると、グルテンフリーの食事についてのみ書かれた本に見えるが、社会人の自己啓発本としても充分に価値があるのではないだろうか。