Reader

好きな本を好きなだけ。

Reader

好きな本を好きなだけ。

ラテマネーを使うことは本当に節約するべきなのか?

f:id:stayyou:20160606234422j:plain

最近よく耳にする「ラテマネー」であるが、ラテマネーを節約しようという考えが多い。しかし、本当にラテマネーは節約するべきものなのか?世間的な考え方にとらわれず、そこについて考えてみる。

ラテマネーは悪いことか?

まず「ラテマネー」というのはコーヒーやお茶の100円、200円程度のお金の話というのはご存知だろう。
 
購入方法を考えてみると、自動販売機やコンビニ、カフェといった方法が考えられる。確かに自動販売機で買うよりだったら、水筒で代替するというのは非常に効果的である。
 
違いといえば
  • あったかいまたは冷たいものが飲める
  • 買うまで重いものを持たなくても良い
といったことが挙げられるだろう。
 
そこの違いが許容できるかどうかであるが、そのお金が積もって年間数万円になると言われてしまうとそれなら水筒にするというひとも多いのではないだろうか?
 
もちろんひとによって、生活は違う。通勤に1時間かかるひと、水筒にしたらずっと持ち歩かないといけないひと、車で移動することが大半のひとといったデメリットがデメリットと感じないひともいるわけである
 
その背景を考え、自分なりの基準を持って本当にラテマネーは悪いものなのかを考えてみると、誘惑に負けず節約するひとはできると思うし、節約しないひとも罪悪感を感じないだろう。

ラテマネーは投資という考え

ラテマネーは本当に節約するべきものなのか?そこでラテマネーは「投資」という考え方を提唱したい。
 
カフェで頼むコーヒーやお茶については単なる飲み物を買って飲むという行動だけで終わらない。カフェではその場所を提供してもらえるからだ。
 
カフェでおしゃべりをしているだけでは確かに同じかもしれないが、中には勉強したり、読書しているひともいる。経験があるひともいると思うが、家では誘惑が多く、ベットで寝てしまったりテレビを見てしまうため、カフェでやってみたら集中できたという経験をしたことはないだろうか?
 
お金を使って場所を利用し、自分のやりたいことをやったり、スキルアップにつなげるという行為は「投資」にあたる。
 
そうなると決して節約すべきお金とは言いがたくなるだろう。要は考え方なのである。
 
そこを考えもしないで、世間ではラテマネーは節約すれば良いと言われたからガマンし、結果的に勉強も手につかないという事態になってしまえば、将来その知識によって得られたであろう報酬をたちまち逃してしまうのである。
 
ラテマネーが多いひとは本当無駄なものなのかを考えて節約するべきなのか、それとも投資であると考えて使い続けるのかを決めるべきだ。

おすすめのラテマネー

おすすめのラテマネーはやはりカフェだと思う。周りで読書や仕事をしているひとが多いため、その環境で自分も作業すると非常に捗るからである。
 
そういう観点で考えるとマクドナルドのような学生やファミリーが多いところは適さないだろう。もちろん地域によって客層違うので、確かめた上決めてほしいのだが、そういうところはうるさいところが多く、自分のやりたいことに集中することが難しい。イヤホンをするなどすれば気にならないというのであればそれも1つの手である。
 
そう考えるとスターバックスがベターではあるがおすすめである。料金が高いのは難点ではあるが、比較的静かな店舗が多いし、大人が多いため読書や勉強をしているひとが多くいる。
 
また、電源のあるカフェもおすすめだ。パソコンで作業したり、スマホで動画を見ながら勉強するひとにとってはバッテリーの残量は気になるものである。
 
電源があるカフェは入っておけば、気にする必要もないし、同じようなことを考えているひとも多いため、大抵そういうカフェは静かである。
 
これからカフェに行くひとはぜひ参考にして価値のあるラテマネーを使ってほしいものである。